賃料の低い物件があります

ガッツポーズ

立地と築年数が重要です

賃料の低い賃貸事務所を求める企業が増加しています。東京オリンピックを控えて建設業界は活況になっており、新しいオフィスビルが東京を中心に続々と建設されています。都心の好立地の新築ビルの賃貸事務所は賃料が高騰しています。一方で、駅から少し歩く立地にある物件や築年数が古い物件は賃料が低下する傾向にあります。賃貸事務所の賃料は二極化していると言われています。駅から近い新築物件を求めるのであれば別ですが、賃貸事務所の賃料を少しでも節約してコストダウンを実現したいのであれば、新築物件との競争原理によって賃料を引き下げている物件を選択できる環境になっています。新築のオフィスビルが増加すると築年数の古い賃貸物件は賃料を引き下げて入居者を確保する傾向があります。入居者が退去して近隣の新築ビルに移転することを避けるためです。このような物件は狙い目であると言えます。賃貸事務所の移転を検討するのであれば、近隣に新築ビルが建ったことから、賃料を引き下げている物件は好条件である場合が少なくありません。駅に直結しているような物件も人気があって、賃料は高くなります。駅から徒歩圏であっても、駅に直結している物件との比較においては利便性が劣るため賃料が低くなります。駅の再開発などで駅に直結したオフィスビルが建設されると、その近隣の物件は競争原理で賃料が引き下げられる傾向にあり、賃貸事務所の移転を検討するのであれば狙い目です。

Copyright© 2018 不動産会社は賃貸オフィスも扱っている【まずは相談】 All Rights Reserved.